本文へスキップ

カフェマスターになるための資格・通信講座の紹介

フードアナリスト/カフェマスター

バリスタ 講座

フードアナリスト

フードアナリスト

フードサービスを“星”で評価・格付けする専門家

資格内容

食の情報を解説する専門家 フードアナリストとは、食のニュースを発信し、「食」のトレンド情報をわかりやすく解説する専門家。特に、個別のレストランや食材、食品についての歴史、比較、評判やトレンドなどを総合的に解説できるのが特徴だ。
 一般の利用者としてレストランや飲食店に行き、一定のルールに従って料理やサービス、安全性、雰囲気などを客観的に評価して1つ星から5つ星までの格付けをし、推奨飲食店をインターネット上で公開したり、メディアに紹介したりする。
 フードビジネス関連の仕事をしている人がキャリアアップに役立てるほか、食やフードビジネスに興味のある人、社会人として食に関する知識を身につけたい人など、幅広い年齢・職業の人が資格を取得している。
さまざまな分野で活躍
 レストラン等を評価・解説する以外の仕事としては、サービス改善のために飲食店を調査するミステリーショッパー(覆面調査員)、調理場の衛生検査を行う調査員、消費者の立場からメーカーに対して行う商品開発業務や販売プロモーションのアドバイザーなどがある。また、各地で開催される講座の講師、雑誌記事への執筆やテレビのコメンテーター、飲食店の開業や大型ショッピングセンター等の食品フロアのプロデュースなどの分野でも活躍している。

試験内容

まずは4 級資格から 級ごとに行われる試験に合格し、4級から3級、2級、1級へとステップアップしていく。いずれの級も資格取得後、日本フードアナリスト協会に会員登録することで、協会認定の「フードアナリスト」を名乗ることができる。
 3級から上位の資格は、養成講座(3級は通信講座もあり)を修了後、検定試験に合格する。1級では「どんな味がするか」を正確に把握して表現する味覚テストもあり、高いレベルのテイスティング能力が求められる。
 4級資格を取得するには、次の方法がある。
(1)養成講座を1日受講して(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡で随時開催/教本・問題集・試験料含め34,000円)、当日行われる修了試験に合格する。
(2)通信講座を受講(約4か月、49,000円)し、添削問題を提出して一定の成績を修める。
(3)4級の検定試験を受けて、合格する。
 以下は4級の検定試験の内容。

詳細情報

受験資格: 満18歳以上 ※20歳未満は、親権者の承諾が必要。
試験科目: 格付けとフードアナリスト倫理規定、食空間コミュニケーション、食空間の知識と教養、菓子・パン、サービスとテーブルマナー、食空間の演出/4択式選択問題50問、60分
申込期間: 試験日の約2か月前から約1か月間
試験日: 2月、5月、8月、10月
試験地: 札幌、仙台、東京、大阪、名古屋、広島、福岡 ※8月は東京のみ。
受験料: 7,000円
受験者: 1,500人(4級、平成21年度)
合格率: 4級=60%(平成21年度)

■問い合わせ先
(一般社)日本フードアナリスト協会
住所:〒102-0082 東京都千代田区一番町15-8 壱番館5階
TEL:0120-650-519