本文へスキップ

カフェマスターになるための資格・通信講座の紹介

ソムリエ、ワインアドバイザー、ワインエキスパート/カフェマスター

バリスタ 講座

ソムリエ、ワインアドバイザー、ワインエキスパート

ソムリエ、ワインアドバイザー、ワインエキスパート

ワイン選びのプロフェッショナル

資格内容

TPOに合わせてワインを選ぶ ソムリエは、ワインの特徴・産地・料理との組合せなどをお客にアドバイスする飲食接客サービスを行う。求人に「ソムリエ」という言葉が使われる程、資格名は普及した。一方ワインアドバイザーは、ワインに対する知識などはソムリエと同様だが、酒類業界や酒屋などが対象。ワインエキスパートはワイン愛好家が対象。

試験内容

ソムリエは5年以上の実務経験者 
試験は、1次合格者のみが2次を受けられる。

詳細情報

受験資格: ソムリエ=5年以上のワイン及びアルコール飲料を提供する飲食サービス業経験をもち(調理従事者含む)、現在も従事している者 
ワインアドバイザー=3年以上のワイン及びアルコール飲料の輸入、販売等に従事、または専門学校などの教育機関講師(酒関係)の経験をもち、現在も従事している者 
ワインエキスパート=特に制限なし 
※いずれの資格も年齢20歳以上
試験科目: 1次=筆記(ワインを含む飲料の必須知識、公衆衛生の知識) 2次=口頭試問、きき酒、サービス実技試験(ソムリエのみ)
申込期間: 5月上旬〜7月中旬
試験日: 1次=8月下旬、2次=ソムリエ10月上旬、アドバイザー・エキスパート9月中旬
試験地: 1次・2次=札幌、仙台、東京、長野、名古屋、大阪、岡山、福岡、那覇など
受講料: 協会個人会員=16,500円、一般=24,500円 ※申込者に教本、DVD教材配布。2次のみの場合は会員6,100円、一般12,100円。
受験者: ソムリエ=2,309人 アドバイザー=1,141人 エキスパート=2,014人(平成22年度)
合格率: ソムリエ=40.5% アドバイザー=24.5% エキスパート=35.1%(平成22年度)

■問い合わせ先
(社)日本ソムリエ協会
住所:〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町17-3 日本ソムリエ協会ビル4階
TEL:03-3256-2020